HOME1. 銀行 |世界の主要銀行の化石燃料ファイナンス、高水準で継続。1位は米銀JPモルガンチェース、上位10行だけで、パリ協定以降7000億㌦強の投融資。日本のMUFGとみずほが上位10行入り(RIEF) |
JP1キャプチャ

 

   JPモルガンチェースを代表とする米ウォールストリートの大手銀行等のグローバルな10銀行だけで、パリ協定以降、7000億㌦(約75兆6000億円)以上の資金をシェール油・ガス、タールサンド開発事業等の化石燃料開発に投じてきたことがわかった。この中には、日本の三菱UFJフィナンシャル・グループ(8位)、みずほフィナンシャルグループ(10位)も含まれている。

 

 調査は、英紙ガーディアンが、環境NGOのRainforest Action Network(RAN)と連携してBloomberg 等の公式データを元に実施した。RANは今年4月に「Banking on Climate Change 2019」と題した報告書で、世界の主要銀行による化石燃料事業投融資の全貌を公表している。今回はその調査を延長し、今年上半期の増加分も含めて調べた。

 

[caption id="attachment_95020" align="alignnone" width……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム