HOME |フランスの証券、銀行・保険の両金融監督機関が「サステナブルファイナンス委員会」立ち上げる。金融機関のESG情報開示の促進と、サステナブルファイナンスの実践を常時点検(RIEF) |
AMF1キャプチャ

 

  フランス金融当局が、同国金融機関のサステナブルファイナンスやESGへの取り組みを推進する体制が動き出した。証券市場と銀行・保険業務の両規制監督機関が設立するサステナブルファイナンス委員会が立ち上がった。金融機関も待ったなしの対応を求められる。仏政府はサステナブルファイナンスを国家戦略の一つに据えており、今後、仏金融界のサステナブルファイナンス行動が加速しそうだ。

 

 今回の動きは、今年7月に仏政府が打ち出していた。フランスでは2015年の「エネルギー転換法」Article173条で、気候変動等のESG要因が企業経営に及ぼす影響に関する情報開示を企業に求める規定を法制化した。

 

 ところが、同国の金融機関のうち、同条項に基づく情報開……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム