HOME |世界最大の資産運用機関BlackRock、CEOのフィンク氏「サステナビリティを投資の新たなスタンダードに」と宣言。ESG投資の強化、アクティブ投資から石炭生産事業を除外(RIEF) |
BlackRock1キャプチャ

 

  世界最大の資産運用ファンドである米BlackRockの創設者でCEOのラリー・フィンク(Larry Fink)氏は14日、同ファンドの運用責任者と、ファンドの顧客に向けた2020年の年次レターを公表。サステナビリティを「投資の新たなスタンダード」と宣言した。石炭生産事業からの投資撤退も明言した。

 

 (写真は、BlackRockの創設者でCEOでもあるフィンク氏)

 

 BlackRockは運用資金総額額6兆8000億㌦(741兆円)。公的年金で世界最大の日本の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)よりも4倍以上も規模が大きい。

 

 <……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム