HOME |今年2020年のグリーンボンド等のESG債市場、24%増の4000億㌦(約43兆円)に。Moody'sが予測。堅調なグリーンボンド、ソーシャル&サステナビリティボンドはともに約5割増(RIEF) |
Moody's1キャプチャ

 

 米格付機関Moody'sは、グリーンボンドやサステナビリティボンド等のESG債の今年の発行量が、前年より24%増の合計4000億㌦(約43兆円)に達するとの見通しを公表した。このうち、中心となるグリーンボンドは初の3000億㌦台に乗せるとみている。

 

 Moody'sの推計では、今年のグリーンボンド発行額は前年2019年の2580億㌦より約16%増の3000憶㌦に、ソーシャルボンドは47%増の250億㌦、サステナビリティボンドは56%増の750億㌦に、それぞれ伸びると予測している。

 

同社のアナリスト、 Matthew Kuchtyak氏は「金融市場全体にわたって、市場参加者はESG評価とサステナビリティを着実に投資判断に組み込んでいる。各国政……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム