HOME |グラスゴーネットゼロ金融連合(GFANZ)発足一年。環境NGOが、提唱者のカーニー、ブルムバーク両氏に「GFANZが金融機関の『言行不一致』を隠す役目になりかけている」と警告(RIEF) |
GFAZ001キャプチャ

 

   昨年、グローバルな金融機関のネットゼロ取り組み促進のために発足した「グラスゴーネットゼロ金融連合(Glasgow Financial Alliance for Net Zero:GFANZ)が発足して、21日でちょうど1周年。グローバルな環境NGOらは、GFANZの華々しい立ち上げにもかかわらず、署名した240の主要な金融機関のうち、新規の石炭事業への投融資禁止を明確化したのは60機関に過ぎない等を指摘、GFANZを推進した国連気候ファイナンス特使のマーク・カーニー氏と、Bloomberg社長のマイケル・ブルムバーグ氏に宛て、「GFANZ回復のリーダーシップ」を求める共同書簡を公表した。

 

 1周年に合わせて書簡を送ったのは、BankTrack(オランダ)、Reclaim Finan……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム