HOME |EUの欧州議会、新型コロナウイルス後の景気回復で「グリーンリカバリー」支援の官民連携の非公式組織立ち上げ。短期的な景気刺激派の台頭を懸念。欧州委員会の路線支援目指す(RIEF) |
EP44キャプチャ

 

 EUの欧州議会は、新型コロナウイルス感染後の欧州経済の回復を官民連携で推進する非公式の「グリーンリカバリー・アライアンス(GRA)」を立ち上げた。ユニリーバーやイケア、H&Mなどの37の欧州企業のCEO、28の産業団体、12の加盟国環境相、90の労働組合等が賛同した。EUでは欧州委員会が欧州グリーン・ディール(EGD)を政策の柱とした「グリーンリカバリー」を推進しており、欧州議会のGRAは側面からの支援を目指す。

 

 GRAを立ち上げたのは、フランス選出の欧州議員、パスカル・カフィン(Pascal Canfin)氏。欧州議会の環境・健康委員会の議長を務める。EU内では、コロナウイルス感染後の欧州経済がリーマンショック後のような経済低迷に陥らないよう景気刺激策が議論になっている。独……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム