HOME8.温暖化・気候変動 |英政府、1月から温暖化政策の軸として独自の排出権取引制度(UK-ETS)開始。選択肢のカーボン税導入は見送り。EU-ETSとリンクせず、総量はEUより5%強化。「EUとの違い」強調(RIEF) |
BEIS001キャプチャ

 

 英政府は、EU離脱後も続けているEU-ETS(欧州カーボン排出権取引制度)から来年1月1日で離脱し、独自の国内ETS(UK-ETS)に切り替える。英政府内では直前で、「2050年ネットゼロ」実現に向け、排出権取引の継続か、カーボン税への切り替えかの議論が生じていた。カーボン税案は、コロナ対策等で財政逼迫化への対応の意図もあったようだ。最終的に「市場主導」の制度を選択することになったが、将来の復活の可能性もある。

 

 英政府はこのほど公表した「エネルギー白書」において、「2050年温室効果ガス排出量ネットゼロ」目標と適合する新たな排出権取引制度(ETS)の導入を盛り込んだ。現在英国のETSは、今年初めのEU離脱以後、今年末まではEU-ETSからの移行期として、そのままEU-ETSを採用して……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム