HOME8.温暖化・気候変動 |フランス裁判所、NGO等の「政府の気候変動対策強化」を求める訴訟で、原告勝訴の判決。現状はパリ協定の目標に沿わないと認定。マクロン政権に打撃。温暖化訴訟で国敗訴は3例目(RIEF) |
Paris002キャプチャ

  フランスのパリ行政裁判所は3日、環境NGO等が同国政府の気候変動対策が不十分だとして提訴していた訴訟で、原告勝利の判決を下した。政府に対して国民に「道徳的損害」を与えたとして、1ユーロの罰金を科した。気候変動対策が不十分として政府が敗訴するのは、オランダ、アイルランドに次いで3例目。パリ協定を締結したフランスの政策的不備が指摘されたのは、同協定の「1.5℃目標」等に国として賛成しながら、国内対策を目標に適合させていない日本をはじめ多くの国にとっても警鐘となる。

 訴訟は環境NGO……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム