HOME |英イングランド銀行、HSBC等の英大手銀行、保険会社向けの気候リスクのシナリオ分析とストレステストのフレームワーク、初公表。来年5月までにテスト結果の報告義務付け(RIEF) |
BOE005キャプチャ

 

 英中央銀行のイングランド銀行(BOE)は8日、主要な銀行、保険会社に対して、「2050年ネットゼロ」に向けた気候変動のシナリオ分析による影響を評価する気候ストレステストのフレームワークを公表した。対象金融機関はHSBCやバークレイズなど19機関。ストレステスト結果は来年5月までにまとめる。気候対応のシナリオ分析とストレステストのフレームワークを公表したのは、先進国の金融監督当局ではBOEが初めて。

 

 BOEが公表した定期的ストラステストのフレームワークは、毎年実施するソルベンシー・ストレステストと、隔年実施の「Climate Biennial Exploratory Scenario(CBES)」の二種類に分かれる。CBESが軸になる。BOEは別途、保険会社向けに随時のストレステストを……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム