HOME |EUが導入を目指す「カーボン国境調整メカニズム(CBAM)」による2030年のEU温室効果ガス排出量は14%削減。「55%削減」の上積み分にほぼ相当。ポーランドの研究所が試算(RIEF) |
PIED001キャプチャ

 

 EUが目指す2026年からのカーボン国境調整メカニズム(CBAM)の導入により、EU排出権取引制度(EU-ETS)での対象産業への排出枠の無償配分が廃止される(排出削減強化)こと等で、2030年時点でのEUの温室効果ガス排出量は14%削減できるとする試算が公表された。CBAMにより対象輸出国の排出量も全体で0.3%削減できるとしている。EUはこれまでの2030年目標を40%から55%削減(90年比)に引き上げを決めたが、CBAMの導入により、ほぼ引き上げ相当分を削減できることになる。

 

 試算はポーランドのシンクタンク「Polski Instytut Ekonomiczny (PIE):Polish Economic Institute」による。PIEは欧州委員会が今月14日に公表した「……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム