HOME |ケリー米大統領気候特使、中国の韓正副首相らと会談。中国の石炭火力発電所の建設抑制等で意見交換。気候協力でのスタンスに微妙な「対立感」(RIEF) |
Kerry002キャプチャ

 

 中国を訪問中のジョン・ケリー米大統領特使(気候変動問題担当)は2日、韓正副首相、王毅外相らの中国政府高官らと会談した。ケリー氏は記者団に対して、中国側との会談では、中国で続く石炭火力発電所の増設が世界の環境目標達成に向けた能力を「取り消す」恐れがあると伝えた、と述べている。

 

 (写真は、中国の王毅外相とケリー氏のオンライン会談の模様)

 

 各紙の報道によると、会談はオンラインで行われた。韓正(共産党中央政治局常務委員会委員)、王毅外相(国務委員)両氏のほか、外交担当トップの党政治局員の楊潔篪氏らとも意見交換した。ケリー氏が訪中して中国側の要人と直接会談するのは、4月の気候リーダーズサミットの前の訪中に次ぐ。h……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム