HOME |カナダのトルドー首相、金融機関の気候変動情報開示の法的義務化、カーボン国境調整メカニズム(CBAM)の導入に前向き。関係閣僚に対応を文書で指示(RIEF) |
canadapm

 

 カナダのジャスティン・トルドー(Justin Pierre James Trudeau)首相は、金融機関や年金基金向けの気候関連情報開示を法的義務とすることを確認するともに、EUが進めているカーボン国境調整メカニズム(CBAM)に対応するため、「カーボンプライシングのグローバル最小原則」の導入を目指すことを関係閣僚に指示した。気候情報開示の義務的開示、CBAM導入への準備は、米国も進めており、カナダも米EUと足並みをそろえることになる。

 

 トルドー首相の方針は、副首相兼財務相のChrystia Freeland氏、環境相のSteven Guilbeault氏らへの個別の指示文書として公開された。

 

 気候関連情報の義務化については、10月にカ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム