HOME |欧州中央銀行(ECB)理事、気候対応でのエネルギー・トランジションでエネルギー需給不均衡により、中期的な物価上昇継続の可能性を指摘。金融政策の弾力的発動の構えも示す(RIEF) |
ECBキャプチャ

 

 欧州中央銀行(ECB)のイザベル・シュナーベル(Isabel Schnabel)理事は、温室効果ガス削減対策の進展は、再エネ等の供給サイドの転換に時間がかかる一方で、エネルギー需要は非弾力的に増大するため、移行過程でエネルギー価格上昇が主導する消費者物価上昇圧力が続く可能性を指摘。移行期のエネルギー価格上昇は、一時的なサプライサイドショックでの上昇とは異なり、かなり長引く可能性があるとした。このため政府はグリーントランジションの推進とともに、インフレ圧力を受け易い最弱者の保護政策をとる必要があるとし、金融政策の対応の必要性にも言及した。

 

 シュナーベル氏は、ドイツのマインツ大学、ボン大学等で財政経済学の教授を務め、2019年にECB入りした。今月8日、米経済学会(AEA)での「Clim……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム