HOME |電源開発(Jパワー)とENEOS、CO2の回収・貯留事業(CCS)の共同開発で合意。西日本を候補地とし、海底下貯留方式で2030年度からの稼働を目指す(RIEF) |
CCS005スクリーンショット 2022-05-10 164643

 

 電源開発(Jパワー)とENEOSホールディングスは10日、エネルギー供給のカーボンニュートラル化を目指し、国内でCCS事業を共同展開することで合意した。2022年中に西日本地域を対象に、貯留候補地の検討を始め、2030年までに事情化する計画だ。貯留地は海底下になる見通し。国内では経産省が北海道苫小牧市で実証実験を実施した事例があるが、民間企業が取り組むのは初めて。CCS事業は各国での取り組み事例が増えつつあるが、技術面の課題克服とコスト引き下げを図れるかが課題だ。

 

 (写真は、北海道苫小牧市で実施された国のCCS実証実験設備)

 

 Jパワーは、昨年2月に公表した「J-POWER“BLUE MISSION 20……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム