HOME |「ネットゼロ」に向けた石炭火力からの切り替え、「中間的エネルギー」の天然ガスより、再エネ等への切り替えが経済的にも有利。英非営利シンクタンクが日本を含む25カ国を分析(RIEF) |
TransitionZero001スクリーンショット 2022-05-11 141601

 

 2050年のネットゼロに向け、CO2排出量の多い石炭から低排出燃料への切り替えがグローバル課題となっているが、  「石炭→天然ガス」より「石炭→再エネ」が経済的にも有利であるとのシンクタンクの分析が公表された。天然ガスを低炭素経済化への中間的エネルギーと位置付ける国が多いが、ロシアのウクライナ侵攻で明らかになったように、ガス価格の高騰、乱高下の影響は今後も続くとし、石炭からガスへの切り替えは「高いオプション」と指摘、各国政府のエネルギー政策の転換を促している。

 

 (上図は、石炭から再エネ、ガス転換のカーボン価格の2010年以来の推移)

 

 分析したのは英非営利シンクタンクの「トランジションゼロ(Trtansi……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム