HOME10.電力・エネルギー |グテレス国連事務総長、気候危機の進捗を踏まえ、改めて再生可能エネルギーへの移行の「ジャンプスタート」を強調。再エネ投資の3倍増等、5つの緊急行動を各国に呼び掛け(RIEF) |
UN001キャプチャ

 

  国連のアントニオ・グテレス事務総長は、世界気象機関(WMO)の年次報告で海面上昇や温室効果ガス排出量等が過去最高になったことを受けて19日、「再生可能エネルギーへの移行を『ジャンプスタート』させるための5つの緊急行動」を提唱した。同氏はグローバルなエネルギーシステムは「壊れており、このままではわれわれを気候破滅に限りなく近づけてしまう」と危機感を強調。「人類の家が燃え尽きる前に、化石燃料による汚染に終止符を打ち、再エネへの迅速な転換を加速すべきだ」として、世界各国に呼び掛けた。

 

 事務総長はロシアのウクライナ侵攻で、天然ガス等の確保がグローバル課題となり、エネルギー市場が乱高下を続け、気候変動対応が「二の次」になりかねない情勢であることに危惧を示した。WMOの報告ではグローバルな海面……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム