HOME |欧州諸国、気温上昇と熱波に見舞われる。ポルトガルでは森林火災が多発し、政府は非常事態宣言。スペイン等でも40℃以上。ポルトガルの森林火災要因に、成長の早い植林依存の課題も(RIEF) |

欧州諸国、気温上昇と熱波に見舞われる。ポルトガルでは森林火災が多発し、政府は非常事態宣言。スペイン等でも40℃以上。ポルトガルの森林火災要因に、成長の早い植林依存の課題も(RIEF)

2022-07-13 01:13:11

portugarキャプチャ

 

  連日の猛暑で40℃以上の高温が続く欧州諸国。特に南欧のポルトガルでは森林火災が拡大し、非常事態宣言が出された。同国では2017年にも全国規模で森林火災が発生し、100人以上が焼死する事態に至っており、懸念が深まっている。同国の森林火災に対応するため、隣国のスペインは消防用の飛行機2機を派遣した。

 

    先週日曜には、首都リスボン郊外で、約3000人の消防士が森林火災の消火に当たった。火災多発の要因は、例年以上の高温と、熱波の到来が大きい。また大西洋から吹き付ける風が火災を拡大する要因にもなっている。加えて、同国の森林は成長の早いオーストラリア産のユーカリや松の木等が大量に植林され、森林の構造が変わってしまったことも影響しているという。

 

 ユーカリは成長が早い一方で、木に油分が多く、燃えやすいのが特徴とされる。気候変動による高温、熱波に加えて、生態系を無視した森林経営のツケが「炎上」している格好だ。首相のAntónio Costa氏は、森林火災の要因が気候変動と森林経営の構造的課題によるものと認めた上で、「だれも火災リスクで安心して眠れない」と懸念を深めている。

 

消火作業に当たる消防士
消火作業に当たる消防士=AFPより

 

 国全土に非常事態宣言を出したポルトガル政府は、住民に森林地域に入ることを禁じたほか、農業従事者にはトラクターやコンバイン等の機械・機器の使用禁止を求めている。機器等から出る火花が火災を誘発するリスクがあるためとしている。イベントでの花火等の使用も禁じられている。

 

 これまでのところ、消火に当たった消防士ら少なくとも29人が火傷等の負傷を負ったとされる。EUもポルトガルに対して救援隊の派遣を検討している。同国だけではなく、先月には欧州全体を強烈な熱波が覆い、フランスやスペイン、イタリア等の各地で気温40℃以上を記録した。

 

 スペインでも、バレンシア地方や他の地域でも熱波の影響で、森林火災が発生した。イタリアの首都ローマでも過去最高気温の40.6℃を記録した。ポーランドやオーストリア等の中欧諸国でも軒並み高温が続いている。英国でも同様だが、英国の場合、一般家庭に冷房・空調がないところが多く、高齢者や身障者等の健康に対する不安も指摘されている。

 ポルトガルの気象当局は、今後、気温はさらに上昇し、45℃を上回る可能性もあると指摘している。

 

https://www.euractiv.com/section/climate-environment/news/lisbon/

会員専用のE-learningや動画ニュースが見放題!!

会員登録
お問い合わせ

RIEF Interview

サステナブル ファイナンス 大賞

イベント・予定

2022年8月3日(水): 第14回RIEFオンライン勉強会(通算39回...
2022年7月6日 : 第13回RIEFオンライン勉強会(通算38回)、「...
2022年5月11日 : 第12回RIEFオンライン勉強会(通算37回)、...
2022年2月16日 : 第11回RIEFオンライン勉強会(通算36回)、...
2022年1月27日:第10回RIEFオンライン勉強会(通算35回)、「2...

Most Read

Recommend

Most Read
営業時間・情報
英Climate Bonds Initiative(CBI)、JERAが5月発行したトラ...
日本企業が「執着」するブルー水素・アンモニア技術は、「座...
岸田首相の「原発新増設」解禁宣言。東電福島原発事故前の旧...
「インフレ抑制法(IRA)」成立 (山崎一民)
住宅地や病院、学校等を拠点とするウクライナ軍に対し、国際...
金融庁、国内ESG投信分析で、資産運用会社のESG専門人材の不...
英財務省、英企業・金融機関の気候情報開示の法的義務化と連...

E-learning

環境金融E-Learning:基礎コース

出版・資料室


環境金融ブログ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.