HOME10.電力・エネルギー |国際航空便のCO2削減で、初の「CORSIA」認証付きSAF(持続可能な航空燃料)の商業利用、アメリカン航空がネステ(フィンランド)から導入。飛行中のCO2を80%以上削減(RIEF) |
Meste001キャプチャ

 

  旅客運送数で世界最大の米航空会社アメリカン航空は12日、国際民間航空機関(ICAO)のカーボンオフセットスキーム(CORSIA)認定付きの持続可能な航空燃料(SAF)を、航空業界として初めて商業航空に導入したと発表した。導入したCORSIA認証付きSAFは、フィンランド拠点のエネルギー企業ネステ(Neste)が開発したもの。今回はパイロット事業だが、実際の商業航空便に導入するのは初めてとなる。

 

 アメリカン航空が導入したSAFはネステ開発の「Neste MY Sustainable Aviation FuelTM」。サンフランシスコ国際空港でアメリカン航空に提供された。ネステはSAF製造のグローバルリーダー企業として知られる。SAF自体は複数の企業が開発しているが、正式にCORSIA……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム