HOME8.温暖化・気候変動 |ルクセンブルグ、温暖化対策で2021年からカーボン税導入。CO2を年1㌧排出する毎に、個人も法人も20ユーロ課税(初年度)、税収の半分は低所得者に還付。残りはグリーン事業に(RIEF) |
Lux11キャプチャ

 

 ルクセンブルグ政府は2021年からCO2排出量1㌧当たりの経済・社会活動に課税するカーボン税を導入する案をまとめた。税額は初年度は1㌧当たり20ユーロ、3年間で段階的に引き上げ、23年に30ユーロとする。企業だけでなく、個人の自動車や暖房などでの使用も対象になる。税収の半分は家計負担軽減のため家計に還元、もう半分は気候変動対策に充当する。

 

 カーボン税は同国のエネルギー・気候計画(NECP)に盛り込まれた。2030年のGHG排出量を90年比55%削減する目標実現の手段の一つと位置付けられた。政府のNECP案は議会で審議され、クリスマス前には可決される見通し。成立するとEUに対して、同国の気候・エネルギー計画として提出される。

 

 同国は、カー……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム