HOME8.温暖化・気候変動 |EU首脳会議、「2050年温室効果がス排出量ネット・ゼロ目標」の設定で合意。唯一、ポーランドは合意に加わらなかったが、次回の首脳会議までに財政支援交渉(RIEF) |
EUCouncilキャプチャ

 

  EUは13日未明、ブリュッセルで開いた首脳会議で、2050年までに域内での温室効果ガス(GHG)量をネット・ゼロ(カーボン・ニュートラル」とする目標の設定で合意した。フォンデアライエン欧州委員長が打ち出した「欧州グリーンディール(EGD)」構想を了承した形だ。ただ、加盟国中、石炭火力依存度の高いポーランドは目標設定に合意しておらず、今後、同国に対する財政面からの支援交渉がカギとなる。

 

 (写真は、首脳会議の成果を発表するベルギー出身のミッシェルEU大統領)

 

 EU首脳会議は12日から開催した。これまで「2050年ネット・ゼロ」目標の設定に反対していたハンガリーやチェコなどが合意に回り、加盟28カ国中27カ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム