HOME |米金融監督機関、金融機関に地域コミュニティへのファイナンスを義務付ける「地域再投資法(CRA)」改正で共同提案。「金融包摂」を定量評価する手法導入等を盛り込む(RIEF) |
CRAキャプチャ

 

  米連邦金融監督機関は、金融機関に地域コミュニティ等へのファイナンスを義務付ける「地域再投資法(Community Reinvestment Act : CRA)」を改正・強化する共同提案をまとめた。CRAは1977年に制定された法律で、コミュニティの低中所得層(LMI)が金融排除されることを防ぐ金融インクルージョン(包摂)を金融機関に義務付ける内容。今回の改正提案では、金融包摂活動を定量的に評価する指標ベース・アプローチの導入等や、ネット金融、モバイルバンキング等の金融機関のデジタル対応等も取り込む内容となっている。

 

 CRAは、金融機関が地域コミュニティから資金を集める一方で、投融資については低中所得層(LMI)の返済能力を厳しく評価して金融排除をする事態を是正するため、45年前に……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム