HOME |EU欧州委員会、サステナブルファイナンスのTEG、「ベンチマーク最終案」公表。新たに石炭事業実質除外のパリ協定連動型の指標案等を提案。投資家の選択性高める(RIEF) |
EuBenchmark1キャプチャ

 

 EU欧州委員会のサステナブルファイナンスの技術専門家グループ(TEG)は、サステナブル投融資のベンチマーク最終案を公表した。新たにパリ協定の目標達成と整合する「EU PAB」と、移行リスクを踏まえた「EU CTB」を設定、さらにすべての投資に適用されるESGベンチマークの3つを提案した。EU PABでは石炭関連事業の収入が1%以上、石油収入10%以上の企業は対象外とするなど厳しい基準を示している。

 

 欧州委員会は今回の最終案を2020年には市場で活用できるようにしたい、としている。

 

 また最終報告で新たに2つのベンチマークを盛り込んだ理由について、①ベンチマークの提供企業に、ベンチマーク設定の柔軟性を提供し、市場での比較可能性を高める②……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム