HOME |SASB(米サステナブル会計基準審議会)の「非財務情報開示基準」点検⇒その⑩テクノロジー・コミュニケーション部門。EMS&ODM、ハードウェア、インターネット等6業種(RIEF) |
SASB10TCキャプチャ

 

  SASB「非財務情報開示基準」の点検第10回目は、テクノロジーとコミュニケーション(Technology & Communications)セクターである。このセクターは、半導体やコンピューター、インターネット関連のハード・ソフトの製造からネットや通信による情報配信サービスなどを含む。半導体やコンピューター等の製造過程ではエネルギーを大量に消費するほか、ネットビジネスでも使用者側に環境・社会要因の負荷を負わせる可能性がある。

 

 対象業種は①電子機器受託生産(EMS)・相手先ブランド設計製造(ODM)②ハードウェア(

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム