HOME |米証券取引委員会(SEC)委員長、ゲーリー・ゲンスナー氏(元CTFC委員長)最有力。リーマン後のスワップ市場改革、LIBOR不正摘発等、市場改革の「スゴ腕」。TCFD対応に期待(RIEF) |
Gesnerキャプチャ

 

  バイデン次期政権の証券取引委員会(SEC)委員長に、ゲーリー・ゲンスナー(Gary Gensler)氏の就任が最有力になった。同氏は、元商品先物取引委員会(CFTC)委員長で、リーマンショック後にスワップ市場取引を強化したほか、LIBOR不正問題も手掛けた「スゴ腕」。ウォールストリートの金融関係者にとって、怖い存在であると同時に、気候変動課題ではTCFDの気候リスク情報開示にもSECの主導権を明確化するとの期待がある。

 

 (注)バイデン次期米大統領は18日、正式にゲンスラー氏をSEC委員長に起用すると発表した。http://rief-jp.org/ct4/109971

 

 米金融各紙が伝えた。「ほぼ内定」という段階のようだ。SEC委員長のポストは、昨年末にトランプ政権……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム