HOME |国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)、米シティなど16の銀行との協働作業で、TCFD勧告に沿う銀行業の気候リスク対応の方法論の報告書公開(RIEF) |
unepfi1キャプチャ

  国連環境計画(UNEP)金融イニシアティブ(FI)は各国の16の銀行と共同で、気候財務情報開示タスクフォース(TCFD)の勧告に沿って、銀行が自らの融資ポートフォリオの気候リスク・オポチュニティの情報開示を高めるための方法論を整理した報告書を公開した。

 

 今回の報告書は、TCFDが重視する気候変動で企業・産業が被る移行リスクと物理リスクの2つのリスクのうち、移行リスクへの対応をまとめた。もう一つの物理リスクへの対応の報告書については、6月に公開する予定だ。

 

 今回のUNEPFIのパイロット事業に参加したのは、米Citi、英バークレイズ、仏BNP Pariba、豪オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)など欧米の主要銀行が参加した。新興国からはブラジルのBra……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム