HOME |SASB(米サステナブル会計基準審議会)公表の「非財務情報開示基準」を点検する⇒その①「消費財産業」。サプライチェーン管理を重視。アパレル、電気器具製品、通信販売等7業種(RIEF) |
SASBtenken1キャプチャ

 

 米サステナブル会計基準審議会(SASB)が正式に開示したESG等の非財務情報の開示基準は11産業77業種に及ぶ。産業・業種ごとの特性の違いを踏まえて、開示項目と開示手法を整備することで、同一産業・業種内の企業比較が容易になるため、投資家にとって「Best-In-Class」の投資対象を選別し易くなる。各産業・業種の主な開示項目や方法論を点検してみよう。第一回目は、消費財(Consumer Goods)セクター。

 

 同セクターは、7業種から構成される。①アパレル・アクセサリー・フットウェア( Apparel, Accessories & Footwear)②電気器具製造業(Appliance Manufacturing)③建築製品・家具(Building Products &am……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム