HOMEイベント・予定 |2019年4月26日 第19回RIEF勉強会。「「TCFDのシナリオ分析の実践。石油業界の事例」(小田原治氏) |

2019年4月26日 第19回RIEF勉強会。「「TCFDのシナリオ分析の実践。石油業界の事例」(小田原治氏)

2019-03-11 12:22:48

RIEF1キャプチャ

 

 金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の勧告への署名件数が、世界で約600社、日本勢も50社を超える勢いになっています。同勧告に基づく情報開示のポイントは、将来の気温上昇予測に基づくシナリオ分析で、自社の企業価値がどう変化するかを比較分析する点にあります。その点で、気候変動の影響をもっとも受けると思われるエネルギー産業の対応は、その他の産業・企業にとっても参考になると思われます。

 

 石油ガス業界の国際的なサステナビリティ推進団体の「IPIECA」はそうしたシナリオ分析についての検証を進めており、実際のシナリオ活用も進めています。同団体のExecutive Committeeの日本人メンバーでもある小田原治氏に、IPIECAのシナリオ分析の活用事例、その他、具体的なエネルギー企業のシナリオ分析をめぐる動向等についてお話をしていただきます。

 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////

      「第19回RIEF勉強会」

日時:2019年4月26日(金)午後6時~

場所:東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学2号館15階1522会議室

講師:IPIECA ExComメンバー:小田原治氏

テーマ:「TCFDのシナリオ分析の実践。石油業界の事例」

 

参加希望者は、4月20日(金)夜までにRIEFまでお申し込みください。参加費は、RIEF会員は無料です。席に余裕があれば、非会員の方のご参加も受け付けます。その場合、資料代として1500円のご負担をお願いします。

 

申し込みお問い合わせはメールでお願いします。申し込みアドレスは<green@rief-jp.org> です。