HOMERIEF Interview |拡大する「グリーンファンド」。3年目に入った「グリーンファイナンス推進機構」の活動を、末吉竹二郎理事長に聞く(RIEF) |

再生可能エネルギー事業等のグリーンビジネスの推進と地域活性化を両にらみして投資資金を供給する「一般社団法人グリーンファイナンス推進機構」。立ち上がりから3年目に入り、出資事業である「グリーンファンド」も順調に投資件数を増やしている。理事長の末吉竹二郎氏に、機構の手応えと、展望を聞いた。

 

その中で末吉氏は、今年度の投資を含めて、ファンドの投資累積が約90億円と100億円に迫るレベルになっていることを明らかにした。またファンドの投資は10年保有を原則としているが、順調な案件については、証券化等の手法を活用して投資家に販売する方法も、将来検討したいとの展望を語った。

 

 末吉氏との質疑は次の通り。

 

――機構が2013年に発足してから3年目に入っている。これまでの活動をどう評価していますか。

 

末吉: グリーンファンドのバ……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム