HOMERIEF Interview |JSIF会長の荒井勝氏 日本の機関投資家のサステナブル投資総額約26兆7000億円 ESGインテグレーションの普及進む(RIEF) |

 

 NPO法人「社会的責任投資フォーラム(JSIF)」はこのほど、ESG評価を投資判断に組み込んだサステナブル投資に、機関投資家がどう取り組んでいるかを調べる包括的なアンケート調査を実施した。アンケートから浮かび上がる日本の機関投資家のESG投資の実態像をJSIF会長の荒井勝氏に聞いた。

 

 JSIFのアンケートは、日本版スチュワードシップ・コードの受け入れを表明した年金等の機関投資家、資産運用機関等59機関を対象として行い、28機関から回答を得た(回答率47.5%)。回答機関のうち、資産保有機関が7社、資産運用機関20社、両方を兼務する企業1社だった。

 

回答機関のうち23機関が国連の責任投資原則(PRI)に署名しており、14機関が環境省の「21世紀金融行動原則」に、7社がCDPに、それぞれ署名している。回答企業が実施するサステナブル投資額は約26兆6872億円、回答企業の総運用資産残高に占める割合は11.4%となっている。

 

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム