HOME |国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)もコロナウイルス感染拡大の影響で、延期か中止か。関係者が協議へ。オンライン会議案も(RIEF) |

国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)もコロナウイルス感染拡大の影響で、延期か中止か。関係者が協議へ。オンライン会議案も(RIEF)

2020-03-19 00:37:37

COP261キャプチャ

 新型コロナウイルス肺炎の世界的拡大で、多くのイベントや国際交流等が延期や中止になっている。11月に英国グラスゴーで開催予定の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)も、延期されるか、中止されるか、あるいはオンライン会議での開催に切り替えられる可能性も浮上してきた。

 すでに英紙等では気候変動関係者の話として、延期等の議論が起きていることが報道されている。仮に延期されると、COPの歴史では初めてとなるほか、昨年、急遽、開催地をチリからスペインにCOP25に続いて、2年連続で「異例の会議」になる可能性がある。

  現在、国連気候変動事務局(UNFCC)はコロナウイルス対策で4月末まで、物理的会議をすべて停止している。その間、COP26に向けて必要な協議についてのオンライン会議等での支援対応を進めるとしている。

昨年、急遽、開催地を変更したCOP25
昨年、急遽、開催地を変更したCOP25

 COP26は東京オリンピックよりも先の11月開催なので、それまでにコロナウイルス感染の収束も期待される。ただ、懸念されるのは、会議に世界195カ国から3万人以上の人々が集まるほか、本番だけでなく、本番までに何度も事前の調整会議等を重ねる必要がある点だ。それらを含めて、ウイルスの影響をかなり受ける可能性がある。

 一方で、現行のCOP会議は、気候変動政策を議論するグローバルな場にも関わらず、多数の人々が世界中から一カ所に集まって会議を重ねることで、参加者が利用する航空機によって温室効果ガス排出量が追加されてきたとの批判もある。COP25では、訪米中だったスウェーデンの環境活動家のグレタ・ツゥーンベリさんが飛行機を避けて、ヨットでマドリード入りした。

 また、これまでのCOPでは、各国代表の公式の演説等とは別に、舞台裏での協議が中心となるため、会議自体が不透明化、形骸化しているとの批判も少なくない。オンライン会議やビデオ会議を中心にすると、世界中の人々がネットを通じて参加できるメリットもあり、公正な協議が進行するとの賛成論もある。

 ただ、世界195カ国、3万人をつなぐオンライン会議は時差の調整や、インターネットへの接続スピード、言語の翻訳等の技術的な壁がいくつもある。特に政府代表はともかく、これまで会議の盛り上げに奮闘してきたNGOらの参加が難しくなるとの指摘もある。

会員専用のE-learningや動画ニュースが見放題!!

会員登録
お問い合わせ

RIEF Interview

サステナブル ファイナンス 大賞

イベント・予定

2020年5月20日 第一回オンラインRIEF勉強会(通算26回目)「...
2020年2月14日 第25回RIEF勉強会「トランジション・ファイナ...
2020年1月22日(水)第5回サステナブルファイナンス大賞表彰...
2019年12月9日夜。 「日本SDGs金融イノベーションフォーラム...
2019年11月15日 第24回RIEF勉強会「TCFD提言の実施に向けた...

Most Read

Recommend

Most Read
国際標準化機構(ISO)、企業を含む社会的責任(SR)の国際規...
中国とEUがグリーン・タクソノミーの共通化を目指した「タス...
インド・パキスタンまで拡大するサバクトビバッタの大群を捕...
フランス政府、新型コロナウイルスの影響で経営困難に直面す...
バーゼル銀行監督委員会、各金融監督当局の気候関連金融リス...
英最高裁、地方自治体の年金基金(LGPS)の武器産業等の投資...
スペイン保険大手資産運用会社、コロナウイルス対策で投資信...

E-learning

環境金融E-Learning:基礎コース

出版・資料室


環境金融ブログ


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.