HOME4.市場・運用 |丸紅、初のグリーンボンド5億㌦(約550億円)発行へ。海外投資家向け。英北海の石油・ガス権益売却と、グリーン投資で、保有資産の「クリーン化」進める(RIEF) |
Marubeniキャプチャ

 

 丸紅は、同社として初となるグリーンボンドを発行する。発行額はドル建てで5億㌦(約550億円)。海外投資家を対象に販売する。調達資金の使途は、内外での再生可能エネルギー事業や植林事業での投資などに充当する。丸紅は同時に、保有資産の「クリーン化」を進めるため、英領北海地区での石油・ガス利権の売却も決めている。https://rief-jp.org/ct10/118023

 

 ボンドは期間5年。金利等の条件は15日にも決める。主幹事はJPモルガン証券などが務める。総合商社によるESG債発行は、今年3月に伊藤忠商事が資金使途をSDGsに貢献する事業に集中するSDGs債を発行したことに次ぐ。伊藤忠のSDGs債の発行額は5億㌦で、今回の丸紅の調達額と同額。https://rief-jp.org/ct……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム