HOME |グーグル、フェースブックの親会社等。将来のクレジット購入を事前約束するAMC制度で、大気中のCO2を直接吸収するDAC技術等の開発プロジェクト設立。まず9億2500万㌦投じる(RIEF) |
DACAMCキャプチャ

 

 グーグル親会社のAlphabet、フェースブックのMetaを含む5社は、事前に将来の開発される商品の購入にコミットするAMC(Advanced Market Commitment)制度を利用して、大気中から直接CO2を吸収する事業(DAC)や回収したCO2をCCSではなく、自然石に石化するプロジェクトをスタートさせる。プロジェクトは「フロンティア(Frontier)」と名付け、5社は、今後9年間で9億 2500万㌦(約1165億円)を投じて、事業化を支援する。さらに炭素除去クレジットを購入する数万社の企業からも資金を調達し、市場拡大につなげる予定という。

 

 AMC制度は、新型コロナウイルス感染症対策のワクチン開発で応用されたことで有名だ。寄付国・機関等がワクチン等が開発された場合に一定……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム