HOME4.市場・運用 |気候リスクの「TCFD」に続く、自然リスク・生態系保護の「TNFD」を官民連携で立ち上げ。来年1月に企業の自然リスク情報開示案公表目指す(RIEF) |
TNFD001キャプチャ

 

 気候変動リスクを企業・金融機関の財務リスクとしてとらえるTCFDと並ぶ形で、自然資源、生態系の保全のため、企業活動による自然関連財務情報開示の国際的なフレームワークを構築する作業部会(TNFD )が立ち上がった。国連機関や各国政府、金融機関、自然保護団体など官民連携の非公式ワーキンググループ(IWG)がこのほど作業を始め、2年がかりで自然関連情報開示のフレームワークを整備する。

 

 TNFD(Task force for Nature-related Financial Disclosures)は、今年開催の予定だったが新型コロナウイルス感染拡大の影響で来年5月に延期された生物多様性条約第15回締約国会議(COP15)の議論への貢献も目指している。COP15ではコロナ問題の根底にある生物……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム