HOME |国際民間航空機関(ICAO)、国際航空便のCO2排出削減のためのオフセットクレジット購入義務付け(CORSIA)を2021年から23年に延期。コロナ感染での航空需要減少に対応(RIEF) |
ICAO001キャプチャ

 

 国連の専門機関である国際民間航空機関(ICAO:International Civil Aviation Organisation)は先週、モントリオールで会合を開き、2021年から予定していた温室効果ガス削減のために国際航空各社に、オフセット排出枠の購入を義務付ける(CORSIA)制度の実施を、新型コロナウイルス感染の影響を考慮して、少なくとも2023年以降に延期することで合意した。これにより、民間航空各社は全体で150億㌦(約1兆6000億円)のコスト削減につながるという。

 

 (写真は、CORSIA延期を決めたICAOのモントリオールでの会合)

 

 ICAOは国際航空からのCO2排出を制限するため、①20……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム