HOME |欧州委員会、「サステナブルファイナンス・プラットフォーム」で人権、消費者、労働者課題を扱う「ソーシャル・タクソノミー」制定へ。ワーキンググループ発足(RIEF) |
EUcommission2キャプチャ

 

  欧州委員会は10月に立ち上げた「サステナブルファイナンス・プラットフォーム」のワーキンググループとそのメンバーを明らかにした。同プラットフォームはこれまでの技術専門家グループ(TEG)を継承するもので、全体グループと、4つのサブグループで構成する。このうち、ソーシャル・タクソノミー設定のためのグループが注目される。

 

 設立されたプラットフォームは、これまでTEGが担ってきたサステナブルファイナンスの対象となるグリーン事業等のタクソノミーのためのクライテリアの開発や、政策展開等について、委員会にアドバイスする役割を負う。EUのサステナブルファイナンス政策の「かじ取り役」と位置付けられている。https://rief-jp.org/ct4/107118

 

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム