HOME |欧州排出権取引制度(EU-ETS)のEUAクレジット価格、ついに40ユーロ台乗せ。厳冬の影響に加え、米バイデン政権の温暖化対策強化等の観測で買い先行に。投機的動きも(RIEF) |
EEX002キャプチャ

 

 欧州排出権取引(EU-ETS)のクレジット(EUA)価格が上昇を続けている。先週末には、CO2㌧当たり40ユーロを突破、過去最高値を更新した。欧州委員会が投資行動を抑制するためクレジット保有規制を強化するとの報道が流れたことが影響したが、バイデン米政権が温暖化対策でEUと共同歩調をとるとの観測等から、カーボンクレジット市場では投機的な動きが広がっている。

 

 EUAのスポット価格は、先週11日に、Bloombergが「欧州委員会の規制強化の可能性」についてのニュースを流したことで、一時、1.30ユーロ以上の下落となった。12日になると、当初は売りが続いていたが、売りが一巡すると、今度は買いが優勢となり、40ユーロを超えた。最終的には40.22ユーロと初の40ユーロ台となった。その後、週が……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム