HOME9.中国&アジア |中国人民銀行の陳雨露副総裁、中国のグリーン投資促進を強調。外資導入のため、国内グリーンボンド・ガイドラインの改善も示唆(RIEF) |
Chen Yuluキャプチャ

 

  中国人民銀行(PBoC)の陳雨露(チェン・ユールー)副総裁は、中国の持続可能な成長を強化するための一環として、同国内のグリーン事業への外資を導入するグリーンボンドやグリーン投資を積極的に促進するとの考えを明らかにした。

 

 陳副総裁は北京で開いた「英中グリーン金融フォーラム」での講演で見解を述べた。中国は昨年、英国とともにG20(20カ国蔵相・中央銀行総裁会議)の議長国を務め、グリーン金融を促進する対策整備に取り組んだ。こうした成果を受け、総裁は、 「気候変動問題を解決するため、われわれと同じビジョンを持つ国々と協力して低炭素社会移行を促進していきたい」として、中央銀行として、金融のグリーン化に取り組む姿勢を改めて明言した。

 

 そのうえで、具体的な政策対象と……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム