HOME9.中国&アジア |中国、来週中にも全国版の温室効果ガス排出権取引制度(ETS)の開始を宣言へ。実際の取り引きは年明け以降か(RIEF) |
China2キャプチャ

 

  中国が来週中にも、全国版のCO2排出権取引制度(C-ETS)の開始を宣言する見通しとなった。観測筋によると、国家発展改革委員会(NDRC)は来週19日に、関係機関との電話会議を予定しているという。

 

 中国は2013年から、北京、天津、上海、 重慶、広深圳、広東省、湖北省の9都市地方で、地域単位のパイロット排出権取引事業を展開している。こうした経験と実践を踏まえて、これまでも、今年中に全国展開することを明言してきた。

 

 全国版の取引制度(China-ETS)の対象は、石油化学、化学、建材、鉄鋼、非鉄金属、製紙、電力、航空の各産業分野が対象。対象企業の排出量については、2013年~2015年のいずれかの年のエネルギー消費総量が標準炭換算1万㌧……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム