HOME |英議会の環境監査委員会(EAC)、25の英大手年金に、気候変動リスクの情報開示を求めたTCFD勧告の採用を直接迫る質問状送付。義務化も匂わす(RIEF) |
EAC3キャプチャ

 

  英議会の環境監査委員会(EAC)は、国内の25の主要年金に対して、気候変動リスクの情報開示を求めた金融安定理事会(FSB)の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)勧告にどう対応しているかを問う質問状を送った。年金基金等では環境リスクに関連する受託者責任(フィデシャリー・デューティー)を限定的に捉える傾向があることを踏まえ、直接の質問状で投資方針を聞きただす形だ。

 

 ESCが直接、質問状を送付したのは、BT年金、RBSグループ年金、大学退職年金(USS)、鉄道年金、ロイズ銀行年金、フォード年金など。合計の運用資産額は5550億ポンド(約82兆7000億円)。質問状はESC議長のMary Creagh議員名で、先月末に送付され、回答期限を今月28日までとしている。

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム