HOME |インドネシア、2回目のグリーン・スクーク国債、22億7000万㌦発行。資金使途はパリ協定での国別約束削減対策(NDC)。新規石炭火力などを除外明記。森林伐採阻止に課題も(RIEF) |
indonesia2キャプチャ

 

  インドネシアはイスラム金融でのグリーンボンドであるグリーンスクーク国債を5.5年物と10年物、合計22億7000万㌦(825億円)を発行した。昨年2月に続いて2回目の発行。資金使途は、パリ協定で公約した同国の削減分(NDC)を確保するための再エネ投資等に充当する。新規の石炭火力発電、大規模ダム、原子力発電事業は除外規定を設けている。

 

 グリーンスクーク国債は期間5.5年物が7億5000万㌦、クーポンレートは3.9%。10年物が15億2000万㌦で、クーポンレートは4.45%。募集額が発行額に対して、3.8倍あり、10年物のレートは、当初の想定化金利より25~30bps低く調達できた。

 

 昨年の第1回発行時も、応募が多く、発行額は12億5000万㌦にまで引き上げた。今回は、さらに発行額を上積みした。

 

 両ボンドに対しては、ノルウェーのセカンド・オピニオン機関のCiceroが、同機関の3段階評……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム