HOME |先月(7月)のグリーンボンド発行件数12件、月別では過去最高数。J-REITがけん引。グローバル市場でも米国に並んで1位。件数は増えるが、一件当たりでは小粒(RIEF) |
greenキャプチャ

 

 7月の日本国内でのグリーンボンドの発行件数(ローンも含む)が12件となり、月別では過去最高の件数となった。グローバルにみても、同月の発行件数としては米国と同数の1位になったとみられる。

 

   同月の発行が急増したのは、J-REIT(不動産投資信託)のグリーンボンド発行が集中したことが大きい。

 

 GLP投資法人(発行額80億円、期間10年、払い込み期日7月8日)をはじめ、オリックス不動産投資法人(70億円、5年、18日)、積水ハウス・リート投資法人(25億円、10年、11日)、(40億円、5年、11日)、アドバンス・レジデンス投資法人(30億円、10年、24日)、(50億円、5年24日)、ジャパン・ホテル・リート投資法人(20億円、5年、31日)、福岡リート投資法人(22億円、10年、31日=グリーンローン)と、6発行体8件の発行があった。

 

 J-REIT発行のグリーンボンドは、2018……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム