HOME |マレーシア中央銀行(BNM)。新興・途上国初のグリーン・タクソノミー案を公表。5つの原則と6つのカテゴリー。低炭素化の移行促進のため金融機関の評価取り扱いを促す方針(RIEF) |
BNM1キャプチャ

 

  マレーシアの中央銀行の「Bank Negara Malaysia (BNM)」は、グリーンプロジェクト評価のグリーン・タクソノミー案をまとめた。途上国で初のタクソノミー提案となる。同国をはじめとする新興・途上国でのグリーン事業の評価・取り扱いを定めた。3月末まで国内の銀行、保険会社等からコメントを受け付ける。

 

 (写真は、マレーシア中央銀行(BNM)の本部)

 

 BNMの作業は世界銀行の協力で進められた。BNMはグリーン・タクソノミーについて、「気候変動は金融安定に脅威となるリスクの重要な要素と考えられる。金融機関はそれらの気候関連リスクと対応策を、自らのビジネス戦略とリスクマネジメントに取り入れることが期……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム