HOME |ESG格付を巡るドイツでの訴訟。評価会社のISS ESGが裁判所の「準備命令」を受け入れ。原告企業ISRA Visionに対する低格付を撤回(RIEF) |
Ingra1キャプチャ

 

  ESG格付をめぐり、低格付を付与された独企業が評価会社のISS ESGを訴えていた問題で、ISS ESGは裁判所が提示した準備命令(preliminary injunction)を受け入れたことがわかった。訴えていたISRA Visonに対する格付を撤回するというもの。ISS ESGは「準備命令の受け入れは、今回の非常に特別な格付に限定している。われわれの格付手法全体に影響するものではない」としている。

 

 ISS ESGは米国の議決権行使代行会社のInstitutional Shareholder Services (ISS) の子会社(旧名はoekom research AG)がドイツのマシンビジョンや産業用画像処理分野のソリューション・メーカーのISRA Vision社に、ISS……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム