HOME |「グリーンローン原則(GLP)」「サステナビリティ・リンク・ローン原則(SLLP)」のガイダンス公表。第三者評価は限定的、環境省の日本版の様な”勝手解釈”に歯止め(RIEF) |
LMA3キャプチャ

 

 国際的なシンジケートローンの3団体はグリーンローン原則(GLP)とサステナビリティ・リンク・ローン原則(SLLP)についてのガイダンスを公表した。グリーンローンもSLLも、ここ数年で急増しているが、その違いを混同したり、外部評価の基準が明確でないなど、グリーンボンド等の債券商品に比べてグリーン性等の確認が「ルーズ(緩い)」との指摘も出ている。今回のガイダンスはこれらのローンの貸し手、借り手両方の共通理解を深めるために発行された。

 

 GLPとSLLPは、国際的なシンジケートローンに参加する金融機関の団体である欧州の「Loan Market Association(LMA)」、アジアの「Asia Pacific Loan Market Association(APLMA)」、北米の「Loa……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム