HOME |国際決済銀行(BIS)、「グリーンボンドは発行企業のCO2削減に必ずしも反映していない」との分析。ボンド評価より発行体企業の「グリーン度」格付を提案(RIEF) |

 

 国際決済銀行(BIS)がグリーンボンドの発行企業と非発行企業のCO2削減度合いを比較分析した結果、グリーボンド発行は必ずしも企業の炭素集約度低下に反映していないとする報告を公表した。こうした分析結果を受けて、現行のプロジェクトごとのグリーン性評価の仕組みを補完し、投資家がより明確なESG投資をするため、企業をグリーン度(カーボン集約度)で評価する新たな格付システムの構築を提案している。

 分析は、BISのアナリストのFrank Packer、Torsten Ehler、BEnoit Mojonの3氏の連名論文「Green bonds and carbo emissions:exploring the case for a rating system at the firm……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム