HOME6. 外国金融機関 |米銀Bank of Americaを軸に「触媒役としての金融イニシアティブ(CFI)」発足。国連SDGsの目標を視野に、クリーンエネルギー開発促進。80億㌦投じ、長期資金活用のレバレッジ効果を目指す(RIEF) |
BOAキャプチャ

 

 米銀Bank of Americaは、複数の金融機関とともに、高い影響度のある持続可能な投資に対して、自らの資金を投じる「 Catalytic Finance Initiative (CFI)」を組織した、と発表した。資金規模は80億㌦(8800億円)と想定している。

 

 CFIに参加する金融機関は、HSBC、クレディアグリコ、仏Natixisの子会社Mirova、投資運用会社のAllianceBernstein、 Babson Capital Management、さらに国際機関の国際金融公社(IFC)、欧州投資銀行(EIB)の各機関。

 

 これらの金融機関は、クリーンエネルギーの技術革新やその他の持続可能性を高めるプロジェクトなどへ投資する「革新的金融構造」……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム