HOME6. 外国金融機関 |米再エネ大手サンエジソン。倒産法申請「秒読み」 経営再生を目指しDIPファイナンス交渉へ(RIEF) |
SunEdisonキャプチャ

 

  各紙の報道によると、経営危機に直面している再生可能エネルギー大手の米サンエジソンが、連邦倒産法11条手続きの秒読み段階に入った。同社は再生の条件となるDIPファイナンスの交渉を債権金融機関と入ったことを明らかにした。

 

 「DIPファイナンス」は、連邦倒産法第11条(チャプター11)の手続に入った企業(Debtor In Possession:占有継続債務者)に対するつなぎ融資のこと。

 

 サンエジソンの発表によると、同社は年央までの業務継続に約3億1000万㌦(約337億円)の資金が必要。DIPファイナンスは借り手が経営権を維持しながら連邦破産法11条の下で経営を再建するのを支援……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム