HOME |ノルウェーのサステナビリティ評価機関CICERO。気候変動評価で研究者と投資家の「共通プラットフォーム」設立。BlackRockや世銀も参加。気候変動の具体的な金融リスクを評価する(RIEF) |
CICEROキャプチャ

 

 ノルウェーのサステナビリティ評価機関のCICERO(The Center for International Climate and Environmental Research, Oslo)は、気候変動が金融に及ぼすリスク等を評価・議論するため、気候学者と主要投資家による「共通プラットフォーム」を立ち上げた。

 

 「 CICERO Climate Finance 」と名付けたプラットフォームには、世界最大の資産運用会社であるBlack Rockや世界銀行なども参加する。気候変動による世界の気温上昇に伴う金融リスクを評価するのが目的という。

 

 気候変動に伴う金融リスクの評価については、各国金融監督当局で構成する金融安定理事会(FSB)がタスクフォースを編成して……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム