HOME6. 外国金融機関 |英Extelと英SIFの年次合同調査。 2016年の欧州SRI/ESG資産運用機関の人気第1位は、仏アムンディ。長期価値向上に資するのは、ブラックロック(UK)(RIEF) |
EXTELキャプチャ

 

 欧州を中心としたESG投資に取り組む金融機関の2016年調査が公表された。資産運用等を担うバイサイドの市場関係者の意見を集約したのもので、SRI/ESG運用部門ではフランスの資産運用会社のアムンディが人気第1位に選ばれた。

 

 調査は金融調査会社のWeConvene Extel と英国の「UK Sustainable Investment and Finance Association (UKSIF)」が毎年、共同で実施しており、今年で14回目。欧州の各資産運用市場で活動する150の機関の340人から各5段階評価で回答を得た。

 

 そのうち、SRI/ESG部門のトップ資産運用会社には、フランスのAmundi Asset Managementが得票率10.13%と唯一2ケタ台の評価で前年同様、1位となった。2位はノルウェーの政府公的年金の運用を手掛けるNorges Bank Investment Manage……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム