HOME6. 外国金融機関 |世界最大の資産運用会社BlackRock、ESG債券投資ファンド立ち上げ。MSCIのESGレーティング活用。グリーンボンドにも優先投資。欧州市場での投資家を対象に(RIEF) |
BlackRockキャプチャ

 

 世界最大の資産運用会社 BlackRockは、ESG(環境・社会・ガバナンス)要因を投資判断に組み入れた新たな債券投資ファンドを立ち上げた。投資債券の選別にはMSCIのESGレーティングを採用する。

 

 ファンドは「 BlackRock BSF Sustainable Euro Bond fund」の名称。BlackRockの欧州債券チームのヘッドを務めるMichael Krautzberger氏が運用する。同氏は、ロンドンの資産運用担当者ランキングでAレベルの評価を得ている。

 

  投資対象債券は、欧州域内のユーロ建ての国債、社債、政府関連債などを対象とする。 運用を担当するKrautzberger氏は「割安債券でもESG要因で評価が低ければ投資評価も低くなる……

申し訳ありません。 この記事は会員限定です。閲覧権限を与えたユーザーにのみ、記事全文を公開しています。続きをご覧になりたい方は下記フォームよりログインをお願い致します。

ログインフォーム